EDは日本語では勃起不全とも呼ばれるものですが、実際にはまったく勃起しない状態からセックス時に勃起を維持できないような場合も広義にはEDに含まれます。
EDになる理由はさまざまで若いうちからなる人もいれば年齢を重ねるに連れてEDになる人もいます。
また病気や薬でもEDになる可能性があります。

しかし、多くの場合には年齢を重ねることで発症します。
もともと年齢を重ねると体力的、精神的にも勃起がしにくくなり、EDになる可能性が高くなります。
以前は精の付く食材を食べることで改善を目指していましたが、現代においてはペニソールというサプリやバイアグラ100mgをはじめとしてEDに対して確実な効果が期待できるED治療薬が販売されており治すことが可能です。

EDはどの年代の人に多い?

考える男性 EDは完全に勃起しないインポテンツのほか、勃起はしても満足なセックスを行えるまでそれを維持できないといったものも含まれます。
このため症状としてはかなり広範囲ですが、もっとも広義な考え方で行くと日本の成人男性の3人に1人はEDと言われています。

EDに関する1998年の調査では1130万人がEDであり、内訳としてはまったく勃起しない重症な人が260万人、勃起はするもののそれを維持することができない中程度の人が870万人といったものです。
ただこれらの調査はクリニックを受診した人が対象ですから、現実にはもっと多くの人がEDで悩んでいると考えられます。
特にEDはセックスをしなければ問題ともならないので、そのままセックスレスになってしまう人もいます。

一方でEDでもっとも多い年代としては30代から40代と言われています。
基本的には10代後半から20代にかけては、成長期でありもっとも人間の体力が充実している時期ですから、このタイミングでEDといった場合には、身体に問題があるか、そもそも女性に対して興味がないといったことが考えられます。
しかし正常な状態であるにも関わらずEDになるのは、体力の低下が始まる30代から40代です。
特に40代前後になるとその症状は体力だけでなく病気といったものにより顕著にあらわれてきます。

20代から30代にかけては結婚していれば子作りをする時期ですからセックスの回数も多くなるのでEDになるのは少ないですが、40代前後になると体力の低下や食生活などから次第に勃起の持続時間が短くなったり、勃起をしても硬さが得られない、またそもそもセックスの回数が減ることで勃起の回数も減っていくと勃起する能力そのものが低下していきます。

また特にEDになると考えられる大きな問題となるのが病気の存在です。
加齢によって体力の低下を引き起こすだけでなく、高血圧や糖尿病などが現れてきます。
高血圧や糖尿病になると血管が硬くなり血液の流れを阻害することになり、その結果勃起がしにくくなります。
もちろん誰もがなるわけではなくいつまでも健康な人もいますが、たいていの人はEDになる可能性があります。

一方でEDの患者が多いのは40代ですが、問題として深刻なのが20代で起こるものです。
40代のEDは20代、30代が問題なく過ごしてきたあとに次第に現れてくるものですが、20代の場合にはそれほど経験も経ないうちにEDになる場合があります。
若い世代に見られるのは心因性の問題です。
これは失敗経験などから勃起しにくくなるというもので、特に神経質な人になりがちです。
この場合には完全に勃起しないというよりも勃起を維持できない中折れ、膣内での射精が出来ないといったものが中心です。
このような症状が起こった際には中折れの改善方法などを事前に知っておくことで防ぐことができます。
中折れやEDにならないためにも事前にカウンセリングなど精神面での治療をされることうをおすすめします。

いずれにしても40代に見られる器質性のEDの場合にはED治療薬を使うことで改善が可能です。
ED治療薬の仕組みとしては、一酸化窒素を増やし血管を拡張させる作用によってペニスへの血流量を増やします。
さらに勃起を収めようとする酵素の働きを阻害することで勃起を維持させる効果を得ることができます。
このため、40代に見られるペニスの勃起能力の低下の場合には薬によって大幅に改善することができます。

ただし、薬による効果は勃起をしやすくするというものですから、もともと性欲がないような場合には効果はないので注意が必要です。
また40代になるとさまざまな病気が出て来る年代ですから、病気によって引き起こされている可能性があります。
このため薬に頼る前に身体に問題がないか調べておくことが重要です。
特に血液の血流量を増やす効果のある薬では循環器系への負担が大きく出るため持病を持っている場合には副作用のリスクも高くなります。

バイアグラは最も有名なED治療薬

処方箋を持つ医師 EDを改善する方法としては滋養強壮を高めるといったことが以前は中心で、現在でもスタンダードな方法ですが、より確実な効果を得たい場合にはED治療薬を利用する方法があります。
ED治療薬としてもっとも有名なのがバイアグラであり、後発の薬が登場している中でも指示されています。

バイアグラは1998年にアメリカのファイザーが開発した薬で世界初のED治療薬です。
日本でも1999年に医師の処方箋薬として認可されており病院でも処方されます。
バイアグラに使われている主成分はシルデナフィルですが、このシルデナフィルはもともとは狭心症の薬として開発されたものです。
シルデナフィルの作用としては血管を拡張する作用ですが、肝心の狭心症への効果は良くありませんでしたが、一方で副作用として勃起がしやすい状態になるといった事が判明し、ED治療薬として製品化されバイアグラとして販売され現在に至ります。

バイアグラは世界でもっとも流通しているED治療薬ですが、その作用としては血液中の一酸化窒素を増やすことで血管の拡張を促してペニスへの血流量を増やす効果があります。
これだけであれば狭心症など血圧を下げるための薬として使えるのですが、バイアグラの場合には勃起を抑制する酵素の働きを阻害する働きがあることが現在では知られています。
基本的に勃起は性的な興奮を感じたさいに脳からの命令によってペニスに血流量が増えて起こります。
その一方で性的興奮を受け続ける限り血流量は確保されますが、何らかの理由で気が散ったりするとすぐに血流量は低下して勃起が収まってしまいます。
このさいにバイアグラがもつ勃起を抑制する酵素の働きが阻害されることで血流量は維持され勃起が維持されます。
バイアグラを服用すると効果として、ペニスが勃起しやすくなるといったもののほかペニスの硬さが強くなる、射精をしても勃起が収まらないといったものは血液の流入量や酵素を阻害する働きが原因といえます。

ただしバイアグラを含むED治療薬すべてに言えることですが、あくまでも勃起をしやすい状態にするというだけであり、性的興奮を増やす効果はありませんし、精液の量を増やすわけではないことに留意する必要があります。
これらを増やすためには男性ホルモンを増やすことが重要で多くの場合にはバイアグラのほか精力を高めるサプリメントなどが一緒に処方されます。

なお、バイアグラを手に入れるにはクリニックで受診して薬を処方してもらうか、個人輸入で手に入れるかの2つの手段があります。
クリニックで受診する場合にはED治療を行っているところを選ぶ必要があります。
処方されるまでの流れとしては来院、問診、処方で10分程度です。
精密な検査を行うところもありますが、専門クリニックでは検査なしでも処方されます。
バイアグラは健康保険の対象外ですので保険証も必要なく1錠からでも処方してくれるクリニックがほとんどです。
大きな病院の場合に検査があるかもしれないので気軽に購入したい場合には専門クリニックが無難です。

さらに気軽に手に入れたい場合には個人輸入という手段になります。
個人輸入は海外で売られているものを個人的に購入して輸入するものです。
現代ではインターネットという便利なツールがあり、個人輸入代行業者も多くあるのでネット通販のように気軽に購入することができます。
購入するさいには海外で生産されるバイアグラのほか、バイアグラのジェネリック医薬品も購入することができます。
バイアグラのジェネリック医薬品であれば薬価がバイアグラよりも安いので費用を抑えてEDの状態を改善することができるメリットがあります。
また配送料を含めても個人輸入で購入した方がクリニックで処方されるよりも格安でバイアグラやバイアグラのジェネリック医薬品を手に入れることができます。

バイアグラジェネリックのカマグラについて

財布からお金 バイアグラの薬価は、日本国内では有効成分であるシルデナフィルが50mg含まれているものは1錠1800円、25mgは1錠1500円が相場となっています。
クリニックで処方してもらうとなると初診料や処方箋料などとして2500円から1万円程度は必要になるため、かなり割高です。
また注目すべきは有効成分が半分になっても薬価が半分になることはありません。
このためバイアグラをお得に購入する方法としては50mgのものを購入してピルカッターなどで半分にして服用するといったものです。

いずれにしてもクリニックで処方してもらうと薬価のほか診察料などが掛かる上、それらはすべて自己負担ですから1錠を手に入れるだけでも1万円の費用は必要なケースもあります。
もちろんED専門クリニックではより価格を抑えて販売してくれるところもありますが、それでも数千円程度は必要でEDを治療したくても治療できないといった人も多くいます。

そこで強い味方となるのが個人輸入です。
海外では安価なバイアグラが売られており個人輸入で購入すれば薬に掛かる費用を抑えることができます。
またバイアグラのジェネリック医薬品も多く売られており、それらであればより費用を抑えることができます。

バイアグラの個人輸入をするさいに注意しなければならないのが価格です。
ファイザーが設定する薬価は、25mgが1100円、50mgが1300円であり海外でも同様です。
この薬価を極端に下回るようなED治療薬は偽薬に可能性があるので注意が必要です。
また偽薬でもプラセボ(成分の入っていない薬)であれば健康被害はありませんが、返って有害な成分が入っているリスクもあり、未知の副作用が現れるリスクがあります。
バイアグラそのものを購入するさいには極端に安いものは手を出さないのが無難です。

一方でバイアグラは欲しいけど、費用は抑えたいといった場合にはジェネリック医薬品という選択肢があります。
ジェネリック医薬品は日本語では後発薬とも呼ばれ有効成分の特許が切れた先発薬を真似て作られた薬で、膨大な開発費が掛かっていないので格安で手に入れることができます。
多少、成分の違いがありますが得られる効果は同じで、また副作用はほぼ同じです。

バイアグラには多数のジェネリック医薬品が世界中で登場していますが、その中でも有名なのがカマグラです。
カマグラはインドのムンバイにある製薬会社アジャンタファーマが作っているバイアグラのジェネリックです。
インド国内向けにはカマグラゴールドとして販売されており、輸出用としてはカマグラという名称で販売されています。
有効成分としてはバイアグラと同じくシルデナフィルが含まれていますが、カマグラはその服用する仕組みが3種類あるというユニークなED治療薬です。

バイアグラと同じく錠剤のもののほか、ゼリー状になっているものと、口の中で溶かすまたは噛んで服用するものがあります。
錠剤のものは水などがなければ飲み込むことが難しいですが、ゼリー状や口の中で溶かしたり噛んで服用するタイプであれば、水が必要ないのでいつでも服用することができます。
またそれぞれにフルーツの味付けがなされているのも特徴です。
なお、カマグラはシルデナフィルが50mgと100mgのものしか販売されていません。
インドでは100mgが中心ですが、日本人には100mgは多すぎて副作用のリスクが高まるので50mgを利用するのが無難です。
また飲みやすいタイプは正確に半分だけ使用するといったことができないので、50mgの錠剤をピルカッターで半分にして服用するのが無難です。

カマグラの価格は1箱4錠入りで2400円前後が相場で、1錠あたり600円です。
半分にして利用する場合には1回あたり300円で利用することができ、バイアグラと比べると5分の2に費用を抑えることができます。

おすすめ記事